映画「エスケープ・ルーム」公式サイト » INTRODUCTION

 ある閉ざされたシチュエーションに囚われたキャラクターが、仲間と協力してパズルと暗号を解き明かし、アイテムや鍵を探し出して密室からの脱出を試みる。かつてはミステリー小説やTVゲームにおけるヴァーチャルな娯楽にすぎなかった“脱出ゲーム”は、今やリアルな参加体験型のアドベンチャー・エンターテインメントへと進化を遂げ、日本のみならず世界中で爆発的な人気を博している。多彩かつ緻密に作り込まれた世界観とストーリー、知的好奇心とスリルをかき立ててやまないトリッキーな仕掛けの数々。

それは『ワイルド・スピード』シリーズなどを世に送り出してきたニール・H・モリッツらハリウッド製作陣の創作意欲をも刺激し、オリジナルの脱出ゲームを全編にフィーチャーした本作『エスケープ・ルーム』を完成させた。『アクアマン』『メリー・ポピンズ リターンズ』といった超メジャー競合作品がひしめく2019年初頭に全米公開され、興収チャート初登場2位を記録。続編の製作も現在進行中のスマッシュ・ヒット作が、いよいよ日本にお目見えする!

現実世界における脱出ゲームとの違いは、もしもミッションに失敗すれば情け容赦ない“死”が訪れるということ。登場人物の男女6人は知力、体力、精神力をフル稼働させ、自らが足を踏み入れた奇想天外な“部屋”を攻略しなくてはならない。そんなサイコロジカル・スリラーの要素もはらんだ本作の最大の見どころは、まさしく想像を絶する“部屋”のシチュエーションである。360度全方位を見渡せるように設計された大がかりなセットを建造し、キャストが実際に体当たりのスタントに挑んで撮影された。アナログとデジタルの特殊効果を巧みに融合した映像世界は、密室劇でありながら壮大なスケール感とヴィジュアルの変化に富み、究極のサスペンス&サプライズを展開させている。

 キャストには、ハリウッドの次世代を担う若手有望株が揃った。NetflixオリジナルのTVシリーズ「ロスト・イン・スペース」で脚光を浴びたテイラー・ラッセル、『ゾンビーワールドへようこそ』やTVシリーズ「アルティメット・スパイダーマン」などの話題作が相次ぐローガン・ミラー、「トゥルーブラッド」「Marvel デアデビル」のレギュラーを務めたデボラ・アン・ウォール、トム・クルーズ主演作『トップガン マーヴェリック』の公開が控えるジェイ・エリスらが、迫真のアンサンブルと手に汗握るアクションを披露する。そして、異色ホラー『テイキング・デボラ・ローガン』で注目を集め、『インシディアス 最後の鍵』を成功に導いた新鋭、アダム・ロビテル監督の卓越した演出力も見逃せない。