映画「エスケープ・ルーム」公式サイト » STORY

米イリノイ州シカゴのオフィス街。とある高層ビルの待合室に、お互い見知らぬ6人の男女が集まった。内気な理系女子大生ゾーイ(テイラー・ラッセル)、冴えないフリーターの若者ベン(ローガン・ミラー)、イラク帰りの元陸軍兵士アマンダ(デボラ・アン・ウォール)、裕福な投資家ジェイソン(ジェイ・エリス)、中年のトラック運転手マイク(タイラー・ラビーン)、ゲーム愛好家の青年ダニー(ニック・ドダーニ)。6人は謎の送り主からの招待状に応じ、賞金1万ドルが懸かった体験型の脱出ゲームに参加することにしたのだ。

 年齢も生活環境もバラバラの6人はたわいない世間話を交わしながらゲームの開始を待っていたが、進行役のゲームマスターは一向に現れない。ところがベンが気晴らしにタバコを吸いに外へ出ようとするとドアノブが外れ、6人はこの待合室に閉じ込められていることに気づく。すると天井や柱がオーブンのように熱を帯び、急激に室内の温度が上昇していく。何の前触れもなくゲームが始まったことに動揺しながらも、6人は脱出の手がかりとなるパズルや暗号を探し始める。その間にも室内の温度は上昇を続けるが、ブラッドベリの書物の題名「華氏451」やテーブル上のコースターに注目したゾーイの活躍で抜け道となる通気ダクトを発見。からくも6人は焼き殺される寸前に灼熱地獄からの脱出を果たした。

 通気ダクトを通って山小屋にたどり着いた6人は、扉のカギを解いて外界に出た途端、呆然とせずにいられなかった。そこにはオフィスビルの内部とは思えない真冬の大自然の光景が広がっていたのだ。ゲームオタクのダニーはその壮大かつリアルな“演出”に興奮するが、先ほど九死に一生を得た灼熱地獄といい、この脱出ゲームのスケールと難易度の高さは尋常ではない。凍てつく氷点下の世界で立ち往生した6人は再び脱出ルートを探し始めるが、そのさなかに突如足元の氷が爆発し、水中に転落したダニーが絶命してしまう。あまりにも残酷な“死”という現実を目の当たりにした5人は、自分たちが置かれた絶望的な状況に心底震え上がるのだった。

 いったい誰が、何のために、このような人間の尊い命を弄ぶ脱出ゲームを生み出したのか。極寒地獄を逃れた5人はそんな疑問の答えも見出せないまま、3番目の難所であるビリヤード・ルームに足を踏み入れる。しかも奇妙なことに、なぜかその部屋は天地が逆さまになっていた。まもなく不快なノイズが鳴り響き、フロアのパネルが一枚また一枚と外れ、はるか下へと落ちていく。何とビリヤード・ルームは地上十数階の高さのエレベーター・シャフト内に設置されており、そこからの転落は即死を意味していた。5人は極限の恐怖に見舞われながらも、アマンダが持ち前の身体能力を生かして部屋の上部によじ登り、ゾーイがスライド式のパズルを解いて脱出路の発見に成功。しかしダニーに続き、またもひとりが逆さま地獄の餌食になってしまう。

 ゾーイらはもはや心身共にボロボロの状態で、4つめの部屋にたどり着く。その病院のような薄暗い空間には、参加者全員のカルテが用意されており、6人がかつて別々に経験した痛ましい惨劇が克明に記されていた。彼女たちは皆、大勢の死者を出した飛行機事故、海難事故、交通事故などを生き延びた“唯一の生存者”であり、最強のサバイバーの座を争うためにこのゲームに招かれたのだ。
 未だ姿を見せないゲームマスターのウータン・ユー博士(ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン)とは何者なのか。そして生き残った4人は、さらに想像を絶する地獄が待ち受ける脱出ゲームをクリアすることができるのか。そして第5の部屋へと、ゲームは続いていく……。