水口町の歴史ある和菓子屋4店舗から祖父母にプレゼントしたい和菓子17選を調査してみました

水口町の歴史ある和菓子屋4店舗とは?

祖父母に贈りたいプレゼントといえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

私は和菓子や陶器品など、趣のある品を思い浮かべます。

実際に日本最大級のオンラインギフトサービスのギフトモールが発表した「敬老の日にもらって嬉しいプレゼント&ギフトランキング30選!」の1位が和菓子です。

日本人であれば祖父母に和菓子をプレゼントするのは定番でしょう。

しかし定番だからこそ、こだわりのある和菓子をプレゼントしたいですよね?

そこで本日は水口町の歴史ある和菓子4店舗から祖父母にプレゼントしたい和菓子屋を調査してきました。

歴史あるお店は以下の4店舗です。

菓子処 菓子長 西友水口店
菓子処菓子長西友水口店を撮影した写真
菓子処菓子長西友水口店
御菓子司 大彌 市役所前店
御菓子司大彌市役所前店の外観を撮影した写真
御菓子司大彌市役所前店の外観
御菓子司 長田屋
御菓子司長田屋の外観を撮影した写真
御菓子司長田屋の外観
菓匠 一味屋
菓匠一味屋の外観を撮影した写真
菓匠一味屋の外観

これらのお店に共通しているのは創業が100年以上であることです。

人口およそ41,000人の町で創業100年以上のお店が4店舗あることは地元の人間にとっては誇りです。

さっそく歴史ある和菓子のお店を紹介していきます。

菓子処菓子長西友水口店のご紹介

菓子処菓子長西友水口店を撮影した写真
菓子処菓子長西友水口店

こちらのお店は甲賀市内に3店舗、お隣の湖南市に1店舗のお店を構えるお菓子屋さんです。

創業は明治6年(1873年)のお店です。

全国菓子博覧会では「甲賀忍法くノ一最中」が農林水産大臣賞を、「甲賀流忍術最中」が技術優秀賞を受賞されています。

商品もキレイに陳列されています。

ショーケースに並んだ菓子長の和菓子を撮影した写真
ショーケースに並んだ菓子長の和菓子

洋菓子と和菓子でしっかりケースを分けられています。

洋菓子コーナーも物凄く魅力的です。

ショーケースに並んだ菓子長の洋菓子を撮影した写真
ショーケースに並んだ菓子長の洋菓子

しかし、いろんな種類の商品を購入したい場合は直営店に行くことをおすすめします。

菓子長西友水口店の洋菓子コーナーは夕方に行くと商品が無くなっていることが多いので、購入される場合は朝から行くことをおすすめします。

菓子処 菓子長 西友水口店の情報はこちら↓

店舗名菓子処 菓子長 西友水口店
住所甲賀市水口町水口6084-1
※スーパー西友水口店内
電話番号0748-62-6066
営業時間9:00~19:00
※オープンは9:00からですが、
荷物が届く関係で10:00頃に
行くのがおすすめです。
定休日無休
駐車場

菓子処 菓子長 西友水口店の地図はこちら↓

御菓子司大彌市役所前店のご紹介

御菓子司大彌市役所前店の外観を撮影した写真
御菓子司大彌市役所前店の外観

こちらは甲賀市内に3店舗、草津市に1店舗、お店を構えられてます。

読み方は「おかしつかさだいや」です。

「司」の文字は格式の高いお菓子屋さんの事を言うみたいですね。

その事実として、こちらのお店は明治10年(1877年)に創業されたお店です。

水口町内に本社の工場があり、全てを手作りで地域に根ざしたお菓子づくりを心がけられております。

商品はびっちり埋められています。

これだけの数の商品を手作りされているのは圧巻の一言です。

御菓子司大彌市役所前店のショーケースに並んだ商品を撮影した写真
御菓子司大彌市役所前店のショーケースに並んだ商品

ショーケース内には高級感溢れるお菓子が並んでいます。

御菓子司大彌市役所前店のショーケース内の高級感溢れる和菓子を撮影した写真
御菓子司大彌市役所前店のショーケース内の高級感溢れる和菓子

しかもこちらのケース内の見本は全て本物のお菓子が並んでいます。

歴史のあるお店はこだわりが違います。

近くにお越しの際は、ぜひ御菓子司大彌のこだわりに触れてみてください。

御菓子司大彌市役所前店の情報はこちら↓

店舗名御菓子司 大彌 市役所前店
住所甲賀市水口町水口6084-6
電話番号0748-62-2180
営業時間10:00~19:00
定休日月2回、どこかの木曜日
※お越しの際はお店に
 お問い合わせください
駐車場

御菓子司大彌市役所前店の地図はこちら↓

御菓子司長田屋のご紹介

御菓子司長田屋の外観を撮影した写真
御菓子司長田屋の外観

こちらのお店も「」の文字がありますね。

創業は明治40年(1907年)です。

全てのお菓子は手作りで、基本的には全てのお菓子が甘いです。

甘いもの好きにはたまらないお店ですね。

カステラやマコロンなど、美味しそうなお菓子が並んでいます。

御菓子司長田屋の和菓子と洋菓子を撮影した写真
御菓子司長田屋の和菓子と洋菓子

ショーケース内に和菓子が並んでいますね。

御菓子司長田屋の和菓子を撮影した写真
御菓子司長田屋の和菓子

箱に入って売られていますが、単品売りもしてもらえるので、その際は店員さんにお声掛けください。

こちらは焼き菓子コーナーです。

御菓子司長田屋の焼き菓子を撮影した写真
御菓子司長田屋の焼き菓子

おせんべいとは違った甘い焼き菓子になります。

「うらら」はごま味と生姜味の2種類があり、どちらもほのかな風味を感じれるそうです。

こちらのお店は閉店時間が17:00頃ですが、その日の状況によっては早く閉められるので、閉店間際は連絡を入れることをおすすめします

御菓子司 長田屋の情報はこちら↓

店舗名御菓子司 長田屋
住所甲賀市水口町本町
1丁目7-7
電話番号     0748-62-0458
営業時間9:00~17:00
※状況によっては
早く閉められます
定休日月曜日
駐車場

御菓子司 長田屋の地図はこちら↓

菓匠一味屋のご紹介

菓匠一味屋の外観を撮影した写真
菓匠一味屋の外観

最後に紹介するのは「菓匠 一味屋」です。

こちらは江戸時代から続く創業200年以上のお店です。

100年を遥かに通り越してしまいましたね(笑)

創業した正確な年数は保管されている資料を見ないと分からないそうですが、200年以上続いていることは間違いないそうです。

和菓子の詰め合わせも充実しています。

菓匠一味屋のショーケースに並んだ和菓子を撮影した写真
菓匠一味屋のショーケースに並んだ和菓子

ケースに入った生菓子も全て朝から手作りされています。

夕方に行くと、商品がほとんど無い日もあります。

菓匠一味屋のケースに入った生菓子を撮影した写真
菓匠一味屋のケースに入った生菓子

キャイ~ンのウド鈴木さんも訪れていますね。

やはり歴史のあるお店はロケの取材の対象になりやすいのでしょう。

キャイ~ンのウド鈴木さんの写真
キャイ~ンのウド鈴木さん

営業時間ですが、こちらのお店も開店時間と閉店時間は日によって変わるみたいです。

開店時間は8:30頃から、閉店時間は日没に合わせて閉めることが多いみたいです。ですから日没間際にお越しの際は連絡してから行きましょう。

菓匠 一味屋の情報はこちら↓

店舗名菓匠 一味屋
住所甲賀市水口町京町
5番18号
電話番号     0748-62-0153
営業時間8:30~18:00前後
定休日無休
駐車場

菓匠 一味屋の地図はこちら↓

祖父母にプレゼントしたい和菓子17選とは?

まずは和菓子にもいろんな種類があるので、以下4種類のジャンルに分けてみました。

  • おせんべいを中心とした和菓子
  • 甘さ控えめの和菓子
  • 甘い和菓子
  • 旅の途中に食べたい和菓子

それぞれの種類の和菓子を各店舗から1種類ずつ選びました。

おせんべいを中心とした和菓子

銀座餅(菓子長)
菓子長の銀座餅を撮影した写真
菓子長の銀座餅
氷面鏡(大彌)
大彌の氷面鏡を撮影した写真
大彌の氷面鏡
うらら/ごま味(長田屋)
長田屋のうらら(ごま味)を撮影した写真
長田屋のうらら(ごま味)
歌づくし(一味屋)
袋に入った一味屋の歌づくしを撮影した写真
袋に入った一味屋の歌づくし

甘さ控えめの和菓子

甲賀流最中(菓子長)
甲賀流最中を撮影した写真
甲賀流最中
くず笹(大彌)
くず笹の中身を撮影した写真
くず笹の中身
小倉カステラ(長田屋)
長田屋の小倉カステラを撮影した写真
長田屋の小倉カステラ
梅どら(一味屋)
梅どらの中身を撮影した写真
梅どらの中身

甘い和菓子

甲賀山(菓子長)
甲賀山の中身を撮影した写真
甲賀山の中身
どんどひぶ(大彌)
大彌のどんどひぶを撮影した写真
大彌のどんどひぶ
わたぼうし(長田屋)
わたぼうしの中身を撮影した写真
わたぼうしの中身
甘夏大福(一味屋)
甘夏大福の中身を撮影した写真
甘夏大福の中身

旅の途中に食べたい和菓子

赤飯まんじゅう(菓子長)
赤飯まんじゅうの中身を撮影した写真
赤飯まんじゅうの中身
上鮎(のぼりあゆ)(大彌)
大彌の上鮎を撮影した写真
大彌の上鮎
水口まんじゅうと生菓子(長田屋)
長田屋の水口まんじゅうと生菓子を撮影した写真
長田屋の水口まんじゅうと生菓子
黒豆大福(一味屋)
一味屋の黒豆大福の中身を撮影した写真
一味屋の黒豆大福の中身

おせんべいを中心とした和菓子4選

銀座餅・氷面鏡・うらら・歌づくしを撮影した写真
銀座餅・氷面鏡・うらら・歌づくし
おせんべいを中心とした和菓子4選
  • 銀座餅(菓子長)
  • 氷面鏡(大彌)
  • うらら/ごま味(長田屋)
  • 歌づくし(一味屋)

実際に私が選んだ、おせんべいを中心とした和菓子4選です。

おせんべいを中心パリパリした食感の和菓子を選びました。

大彌のみおせんべいが無かったので、甘さ控えめの「みかんゼリー」のような和菓子を選んでいます。

存在感抜群の菓子長の「銀座餅」

菓子長の銀座餅を撮影した写真
菓子長の銀座餅

こちらは大人気のおせんべいの一つで、全国菓子大博覧会の「最優秀名誉総裁賞」を受賞している実績を持つおせんべいです。

銀座餅の中身を撮影した写真
銀座餅の中身

割った時の色合いがとてもキレイです。

割る瞬間は「重み」を物凄く感じました。

ずっしりした存在感のあるおせんべいです。

実際に食べた感想は、「何枚でも食べれてしまう」くらい癖になるおせんべいです。

おせんべいで癖になる事はあまり無いのですが、醤油と砂糖のシンプルな味付けと、重みのあるパリパリした食感に「銀座餅ワールド」に引込まれます。

唯一の欠点は歯が弱い祖父母には向いていない点です。

噛みごたえがあるので仕方のないことかもしれませんが、注意が必要です。

ですが上記で説明した通り、その欠点を補って余りある魅力が銀座餅にはあります。

銀座餅は歯が強く食感を重視される祖父母におすすめです。

銀座餅の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)87円
重量31g
特徴醤油と砂糖のシンプルな
味付けが癖になる
食感重みのあるパリパリした食感
甘さ★★☆☆☆
おすすめしたい祖父母歯が強く食感を重視される祖父母

物凄く食べやすい大彌の「氷面鏡」

大彌の氷面鏡を撮影した写真
大彌の氷面鏡

大彌のみおせんべいが無いので、代わりに甘さ控えめの「氷面鏡」という和菓子を選びました。

氷面鏡の意味は以下の通りです。

凍った面が鏡のようにみえること

weblio辞書より引用

確かに封の上からでも透き通った感じは見受けられます。

氷面鏡の表面を撮影した写真
氷面鏡の表面

第一印象としては「オレンジ色のスケート場」といった印象を受けました。

確かに氷面鏡の名にふさわしく透き通っています。

大彌の氷面鏡の中身を撮影した写真
大彌の氷面鏡の中身

中にはみかんが入っているのですが、みかん以上にゼリーが輝いて存在感を放っています。

期待通りではありますが、食べやすさMAXです!

驚くほど、スイスイ喉を通っていきます。

みかんは酸味が控えめで、シャキシャキ感が凄いです。

ゼリーのつるつるした喉越しと、みかんのシャキシャキ感が最高です。

甘さも控えめで爽やかさが素晴らしいです。

欲張りな祖父母なら5個は食べれそうです(笑)

とにかく食べやすく後味がスッキリしているので、「万人受け」する和菓子です。

大外ししたくない時は「氷面鏡」をお選びください。

基本的にはどんな祖父母にもおすすめできる逸品です。

氷面鏡の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)238円
重量65g
特徴甘さが控えめで爽やか
食感ゼリーはつるつる、
みかんはシャキシャキ
甘さ★★☆☆☆
おすすめしたい祖父母どんな祖父母にも
おすすめできます

サクサク感が最高の長田屋の「うらら(ごま味)」

長田屋のうらら(ごま味)を撮影した写真
長田屋のうらら(ごま味)

見た目は素朴なおせんべいのようですが、甘い味付けの焼き菓子です。

使用されている食材も超シンプルで、「卵黄、グラニュー糖、小麦粉、白胡麻」のみで焼き上げられたお菓子です。

うららの断面を撮影した写真
うららの断面

厚みもなく、長細いので食べやすいサイズになっています。

あまり甘い焼き菓子は食べませんが、これは「危険」です。

一つ食べ始めると自然にうららに手を伸ばしてしまいます(笑)

なんといっても卵黄の風味が濃厚で癖になります。

その中に香ばしさも含まれているので、自分の手が自然にうららに伸びるのも無理はありません(笑)

ごま味ですが、ごまの風味以上に卵黄が勝っています。

そして、サクサクした食感もうららの存在価値を高めてると言えるでしょう。

後味はエイセイボーロに近いです。

エイセイボーロは今も昔も変わらないロングセラー商品なので、祖父母の世代にも親しみがあるでしょう。

うららはエイセイボーロに似たシンプルな和菓子なので素朴な味わいが楽しめます。

祖父母世代にとってはたまらない和菓子の一つです。

素朴な味わいが好きな祖父母に今すぐプレゼントしてあげてください。

うらら(ごま味)の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)540円
重量198g(1個あたり約3g)
特徴卵黄の風味が全面に出ている
食感サクサクしている
甘さ★★★☆☆
おすすめしたい祖父母素朴な味わいが好きな祖父母

7種類の味が楽しめる一味屋の「歌づくし」

袋に入った一味屋の歌づくしを撮影した写真
袋に入った一味屋の歌づくし

こちらは富山県産のもち米とうるち米を使ったおせんべいです。

取り寄せ商品ですが、水口町で売っているお店はあまり無いみたいです。

歌づくしの中身を撮影した写真
歌づくしの中身

中には7種類のおせんべいが入っていました。

表記には18gと書いてますが、量ってみると21gありました(笑)

特徴は以下にまとめます。

  1. 豆せんべい
    → ほのかな醤油味。表面はサクサク、中はフワッとしている。
  2. 昆布せんべい
    → 味は醤油ベース。
    昆布の風味が特徴的。
  3. 海苔せんべい
    → 海苔以上に醤油の風味が特徴。
  4. 黒ごませんべい
    → 醤油ベースの味で、
    黒ごまの風味が強烈。
  5. エビせんべい
    → 口に入れた瞬間にエビの風味が
    一気に広がるが、「立つ鳥跡を濁さず
    を表現したように後味はスッキリ
  6. アーモンドせんべい
    → ほのかにエビの風味を感じるが、
    アーモンドの存在感が凄い。
  7. 梅肉のザラメせんべい
    → サクサクした食感とザラメの
    ヌルっとした舌触りを感じた。

基本的にはどのおせんべいもサクサクしていて、①〜③はフワッとした食感もありました。

香ばしいお茶と歌づくしがあれば15時のおやつにぴったりです。

祖父母でおやつを楽しみにされている方もいるでしょう。

そんなおやつ好きの祖父母には7種類の味が楽しめる、歌づくしをプレゼントしてあげましょう。

歌づくしの特徴は以下の通りです↓

値段(税込)5袋入り/594円
重量21g(表記は18gと記載あり)
特徴7種類の特徴の違う
せんべいが楽しめる
食感7種類ともサクサクしていて、
一部フワッとした食感のせんべいあり
甘さ★☆☆☆☆
おすすめしたい祖父母おやつ好きの祖父母

甘さ控えめの和菓子4選

甲賀流最中・くず笹・小倉かすてら・梅どらを撮影した写真
甲賀流最中・くず笹・小倉かすてら・梅どら
甘さ控えめの和菓子4選
  • 甲賀流最中(菓子長)
  • くず笹(大彌)
  • 小倉カステラ(長田屋)
  • 梅どら(一味屋)

お菓子好きでも甘いお菓子が好きな人もいれば、甘さ控えめなお菓子が好きな人もいるでしょう。

それは祖父母世代でも同じです。

まずは甘さが控えめなお菓子4選を紹介していきます。

甘さが控えめであることは店員さんにも確認済みです。

控えめな甘さが特徴の菓子長の「甲賀流最中」

甲賀流最中を撮影した写真
甲賀流最中

まずは菓子長の看板商品の一つ、甲賀流最中のご紹介です。

皮には甲賀流と書かれています。

実は甲賀市は三重県伊賀市と並んで、忍者の発祥の地として知られています。

多くの忍者に関するアニメがありますが、アニメを見たことがある方なら、「甲賀流伊賀流」の2つの流派があることをご存知かと思います。

甲賀流最中は、まさに忍者をイメージして作られた最中になっています。

さて、前置きが長くなりましたが、甲賀流最中の特徴を説明します。

甲賀流最中の皮とあんこを撮影した写真
甲賀流最中の皮とあんこ

甲賀流最中は皮とあんこが分けられています。

しっかり分けられているので、皮がパリパリの最高の状態で食べることが出来ます。

実際に食べた感想ですが、皮の香ばしいパリパリ感とあんこの控えめな甘さが癖になります。

正直に言うと、普段はあまり最中を食べないんですが、「こんなに美味しいの?」と少し面食らいます。

ダイエット中の方が食べると天敵になること間違いなしです。

地元で有名な忍者をモチーフにしているので、遠方にいる祖父母にプレゼントしたら最高に喜ばれるでしょう。

地元土産をさりげなくプレゼントしてあげてください。

喜ばれること間違いありません。

甲賀流最中の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)216円
重量43g
特徴生地が香ばしく、
あんこは控えめな甘さ
食感生地はサクサク、
あんこは程よく固い
甘さ★★☆☆☆
おすすめしたい祖父母遠方に住んでいる祖父母

モチモチした大彌の「くず笹」

大彌のくず笹を撮影した写真
大彌のくず笹

みずみずしい見た目をしている大彌のくず笹です。

見た目だけで判断するなら爽やかな甲賀のお茶にはぴったりな感じがします。

くず笹の中身を撮影した写真
くず笹の中身

中にはあんこがびっしり詰まっています。

食べてみた感想は、お餅は塩味が効いていて、あんこは非常に甘いです。

しかしお餅の塩味があんこの甘さを抑制する事で、食べやすい和菓子に仕上がっています。

お餅の食感もモチモチでシンプルに美味しいです。

日本人はモチモチした食感が大好きですよね?

くず笹は食感にこだわりのある祖父母におすすめです。

最高級のモチモチを届けてあげてください。

くず笹の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)152円
重量49g
特徴お餅の塩気と
あんこの甘さが特徴
食感お餅はモチモチしている
甘さ★★★☆
おすすめしたい祖父母食感にこだわりのある祖父母

スッキリ完食できる長田屋の「小倉カステラ」

長田屋の小倉カステラを撮影した写真
長田屋の小倉カステラ

長田屋のお菓子は基本的に甘い和菓子ばかりです。

しかし、その中でも甘さが控えめと店員さんにすすめられた和菓子です。

小豆が入ったカステラになります。

小倉カステラの中身を撮影した写真
小倉カステラの中身

中までしっかり小豆が入っていますね。

小倉カステラについている紙を撮影した写真
小倉カステラについている紙

ここで一つ注意して頂きたいのが、カステラについている紙が非常に取りにくいことです。

ゆっくり剥がさないと、表面の生地が剥がれてしまうので注意してください。

食べた感想は、ほんのり甘く生地は程よい食感があります。

少し口の中で甘さが広がりますが、気になる程ではありません。

また、豆に関してもそれほど口の中に残らずスッキリ完食できる一品です。

ほんのり甘いけれども主張はそれほど強くない。

ほっと一息つきたい時に最適な和菓子です。

私の家は祖母が家事の中心を担っています。

そんな頑張り屋さんの祖父母に最高の和菓子です。

疲れた顔をしている時には、ぜひプレゼントしてあげてください。

小倉カステラの特徴は以下の通りです↓

値段(税込)86円
重量43g
特徴ほんのり甘く、
スッキリ完食できる
食感程よい歯ごたえがある
甘さ★★★☆☆
おすすめしたい祖父母頑張り屋さんの祖父母

爽やかな風味がする一味屋の「梅どら」

一味屋の梅どらを撮影した写真
一味屋の梅どら

おそらくですが梅風味のどら焼きを食べるのは人生で初めてです。

少しワクワクした気分になります。

梅どらの中身を撮影した写真
梅どらの中身

あんこの色が少し白っぽいですが、梅のペーストが練り込まれているそうです。

この梅どらは口に入れた瞬間の風味の変化が凄いです。

「甘い?」と思った瞬間に梅の風味が一気に押し寄せてきます。

その後はあんこの甘みと梅の風味が共演します。

野球に例えるなら、あんこがピッチャーで、梅がキャッチャーの最高のバッテリーといった感じです。

あんこの甘さを梅の爽やかな風味が受け止めてくれます。

程よい甘さと爽やかな味わいが特徴の和菓子です。

爽やかなスッキリした味わいが好きな祖父母におすすめです。

普段から甘さ控えめなお菓子を食べている祖父母にはすぐにプレゼントしてあげましょう。

梅どらの特徴は以下の通りです↓

値段(税込)141円
重量54g
特徴あんこの甘さと
梅の爽やかさが相性抜群
食感一般的などら焼き
の食感と変わらない
甘さ★★★☆☆
おすすめしたい祖父母爽やかなスッキリした
味わいが好きな祖父母

甘い和菓子4選

甲賀山・どんどひぶ・わたぼうし・甘夏大福を撮影した写真
甲賀山・どんどひぶ・わたぼうし・甘夏大福
甘い和菓子4選
  • 甲賀山(菓子長)
  • どんどひぶ(大彌)
  • わたぼうし(長田屋)
  • 甘夏大福(一味屋)

続いては甘い和菓子4選です。

私の母方の祖母は甘い和菓子をより好みます。

ですから甘い和菓子もしっかり網羅しておきましょう。

はちみつの風味感じる菓子長の「甲賀山」

菓子長の甲賀山を撮影した写真
菓子長の甲賀山

見た目は一般的などら焼きです。

しかし、品名に「甲賀」が入っているだけで甲賀市民はテンションが上ります。

甲賀山の中身を撮影した写真
甲賀山の中身

中身も一般的で、ここまでは他のどら焼きと差を感じません。

一口目に感じた印象は…
生地から「はちみつ」の風味を物凄く感じます。

生地の食感もフワフワしています。

あんこは甘さが控えめではありますが、諦めず追いかけることで甘さを感じることが出来ます。

甲賀の名にふさわしい和菓子です。

先程も述べたとおり品名には「甲賀」の文字があります。

地元愛を持った祖父母にプレゼントしたら大喜び間違いありません。

ぜひ地元愛が強い祖父母にプレゼントしてあげてください。

甲賀山の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)173円
重量61g
特徴はちみつの風味が
全面的に出ている
食感生地がフワフワしている
甘さ★★★★☆
おすすめしたい祖父母地元愛の強い

生地がフワフワの大彌の「どんどひぶ」

大彌のどんどひぶを撮影した写真
大彌のどんどひぶ

甲賀山に続いてどら焼きです。

非常に特徴的な名前ですが、店員さんでも名付けの意味はわからないとのことでした。

どんどひぶの中身を撮影した写真
どんどひぶの中身

中身はきれいなあんこが詰まっていますね。

豆よりあんの比重が多い感じがします。

あんこは甘さが控えめで生地が非常に特徴的です。

フワフワしっとりした食感が感じられる、大人向けの生地に仕上がっています。

他の甘い和菓子と比較すると思ったよりも甘さは控えめでした。

どんどひぶは生地がとにかく特徴的です。

大人向けの生地に仕上がっているので、高級志向な舌をお持ちの祖父母におすすめです。

どらやきという一般的な和菓子で高級志向を感じてもらいましょう。

どんどひぶの特徴は以下の通りです↓

値段(税込)173円
重量86g
特徴全体的に甘さが控えめ
食感生地がフワフワ
しっとりしている
甘さ★★★☆☆
おすすめしたい祖父母高級志向な舌を
お持ちの祖父母

長田屋1番人気の「わたぼうし」

長田屋のわたぼうしを撮影した写真
長田屋のわたぼうし

長田屋の1番人気の「わたぼうし」です。

表面は粉末上の細かい砂糖を固めたものでコーティングされています。

わたぼうしの中身を撮影した写真
わたぼうしの中身

中にはあんこが入っています。

冬場などの涼しい時期は、バターが入っているそうですが、暑い時期は溶けるのであんこのみらしいです。

長田屋の1番人気の和菓子の特徴は…
物凄く甘いのに非常に食べやすいです。

砂糖でコーティングされた生地はフワフワしていて、あんこは非常に甘いです。

最後は砂糖よりもあんこの甘みが口に残ります。

バター入りわたぼうしを撮影した写真
バター入りわたぼうし

せっかくなので、バターを入れて「冬バージョンのわたぼうし」を食べてみました。

これは…

「鬼に金棒」の美味しさですね。

普通に食べても美味しいのに、バターの塩気とまろやかさが、わたぼうしを「無敵状態」に仕上げてくれます。

さすがは1番人気の商品です。

わたぼうしは非常に甘く、それでいて癖になる特徴的な和菓子です。

ですから、とにかく甘い和菓子が好きな祖父母にプレゼントしてあげてください。

甘い物好きの祖父母は大満足の和菓子でしょう。

わたぼうしの特徴は以下の通りです↓

値段(税込)151円
重量56g
特徴バターを入れると
さらに美味しくなる
食感フワフワした生地が特徴
甘さ★★★★★
おすすめしたい祖父母甘い物好きの祖父母

爽やかさな甘さが特徴の一味屋の「甘夏大福」

一味屋の甘夏大福を撮影した写真
一味屋の甘夏大福

一味屋の生菓子はその日の朝に全て手作りされるので、こちらの甘夏みかんも出来たてホヤホヤです。

甘夏大福の中身を撮影した写真
甘夏大福の中身

中身はきれいな白あんと甘夏みかんが入っています。

非常に美しそうな見栄えですね。

甘夏みかんは、一般的な夏みかんより酸味が少ないみたいです。

実際にどんな味をしているのでしょうか?

一口目の印象は「非常に爽やかな甘さ」です。

白あんの甘さと甘夏みかんのほのかな酸味が絶妙です。

みかんの果汁が口の中に次から次へと飛び出てきます。

お餅はトロッとしていて口の中で溶けていきます。

個人的には暑い夏にピッタリの和菓子です。

ですから、暑がりな祖父母にプレゼントしてあげましょう。

爽やかな和菓子で爽快な気分にしてあげてください。

甘夏大福の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)173円
重量49g
特徴爽やかな甘さが特徴
食感お餅はトロッとしている
甘さ★★★★☆
おすすめしたい祖父母暑がりな祖父母

旅の途中で食べたい和菓子5選

赤飯まんじゅう・上鮎・水口まんじゅう・生菓子・黒豆大福を撮影した写真
赤飯まんじゅう・上鮎・水口まんじゅう・生菓子・黒豆大福
旅の途中で食べたい和菓子5選
  • 赤飯まんじゅう(菓子長)
  • 上鮎(のぼりあゆ)(大彌)
  • 水口まんじゅう(長田屋)
  • 生菓子(長田屋)
  • 黒豆大福(一味屋)

最後は旅の途中で食べたくなる和菓子をチョイスしました。

旅の途中と言えば、桃太郎ではありませんが団子をイメージしました。

ですから、なるべく団子に近い和菓子をチョイスしています。

旅の途中でも祖父母にプレゼントして喜ばせてあげましょう。

食べごたえが素晴らしい菓子長の「赤飯まんじゅう」

菓子長の赤飯まんじゅうを撮影した写真
菓子長の赤飯まんじゅう

赤飯まんじゅうを眺めていると、「美味しいよ」と店員さんから声をかけられました。

中身は赤飯のみで、あんこが無いということだったので購入しました。

赤飯のみならモッチリした食感が、団子に近いイメージを持ちやすいですよね。

赤飯まんじゅうの中身を撮影した写真
赤飯まんじゅうの中身

びっしり赤飯が詰まっていますね。

しかし、これで和菓子が成立するんでしょうか?

気になるのでさっそく食べてみます。

食べごたえが素晴らしい和菓子ですね。

赤飯の歯ごたえのある食感も特徴です。

生地のほのかな甘味と、甘さのない赤飯の絶妙な掛け合いが口の中で行われます。

少し塩をかけると、違った味わいが楽しめます。

生地の甘さに塩が絡み合います。

赤飯まんじゅうは食欲がある欲張りな祖父母におすすめです。

とにかく食べごたえがあるので、満足感が素晴らしいです。

旅の途中のエネルギー補充は赤飯まんじゅうで行いましょう。

赤飯まんじゅうの特徴は以下の通りです↓

値段(税込)184円
重量67g
特徴生地の中に赤飯が入っている
食感赤飯は歯ごたえがある
甘さ★★☆☆☆
おすすめしたい祖父母食欲がある欲張りな祖父母

ベビーカステラのような風味が楽しめる大彌の「上鮎」

大彌の上鮎を撮影した写真
大彌の上鮎

非常に可愛い見た目の和菓子ですね。

滋賀県に流れる野洲川を遡上する鮎をイメージして作られて和菓子です。

大彌の上鮎の中身を撮影した写真
大彌の上鮎の中身

中にはお餅が詰まっていますね

早速ですが食べてみましょう。

生地からはベビーカステラのような風味と甘さを感じます。

お餅は弾力のある食感をしています。

甘さは全体的に控えめで、弾力のある食感とベビーカステラのような風味が楽しめます。

上鮎は赤飯まんじゅうと違って少食の祖父母におすすめです。

「たくさんはいらない。でも少し何か食べたい」。

そんな時は皆さんにもあるでしょう。

ですから、少食だけど和菓子が好きな祖父母にぴったりです。

上鮎の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)184円
重量38g
特徴ベビーカステラの
ような風味が特徴
食感お餅に弾力がある
甘さ★★★☆☆
おすすめしたい祖父母少食の祖父母

長田屋の「水口まんじゅう」と「生菓子」

長田屋の水口まんじゅうと生菓子を撮影した写真
長田屋の水口まんじゅうと生菓子

団子のような和菓子がなかったので、直感で「旅の途中に食べたい」和菓子を選びました。

なんで2つあるの?」と気付いた方もいるでしょう。

実は最初は紅葉風の生菓子のみにする予定だったんですが、左の和菓子の商品名が「水口まんじゅう」だったので思わず買ってしまいました(笑)

長田屋の水口まんじゅうコーナーを撮影した写真
長田屋の水口まんじゅうコーナー

水口町民としてこれを食べない訳にはいきません(笑)

水口まんじゅうと生菓子の中身を撮影した写真
水口まんじゅうと生菓子の中身

それでは2つの特徴を分けて解説します。

水口まんじゅうの特徴
  • 生地は薄いのに主張が強く、
    モチモチして美味しい。
  • あんこは非常に甘く、
    小豆の食感が楽しめる。

生地もあんこもどちらも特徴的です。

生地は薄いのですがモチモチしていて驚かされます。

そこに非常に甘いあんこが飛び込んでくるので、和菓子好きにはたまらない一品です。

口の中がいい意味で大渋滞を起こします。

こちらは「せっかちな祖父母」におすすめです。

どういうこと?」と思われた方もいるでしょう。

和菓子が食べたくてウズウズしている祖父母の口に水口まんじゅうが飛び込むと、驚いてフリーズするでしょう。

せっかちな祖父母の焦る気持ちを、水口まんじゅうで制止させてあげましょう。

水口まんじゅうの特徴は以下の通りです↓

値段(税込)108円
重量59g
特徴生地が薄いのに
主張が強く甘さがある
食感小豆のつぶつぶした食感が特徴
甘さ★★★★★
おすすめしたい祖父母せっかちな祖父母

続いては生菓子の特徴です。

生菓子の特徴
  • サラッとして食べやすい。
  • 非常に甘いが、後に残らない甘さ。
  • 口の中で溶ける

上記の3点からも分かる通り、長田屋の生菓子は非常に食べやすいです。

生菓子は和菓子屋さんのメニューの定番の一つですよね。

定番メニューが旅の途中で出てきたら祖父母も大喜びでしょう。

ですが持ち運びするには保冷しておく必要があるので注意してください。

こちらの生菓子はとにかく食べやすく溶ける食感が特徴的です。

ですから溶けるような食感が好きな祖父母にぴったりの和菓子です。

長田屋の和菓子で祖父母の口をとろけさせましょう。

生菓子の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)194円
重量39g
特徴サラッとして食べやすい
食感口の中で白あんが溶ける
甘さ★★★★★
おすすめしたい祖父母溶けるような食感が好きな祖父母

塩加減が絶妙の一味屋の「黒豆大福」

一味屋の黒豆大福を撮影した写真
一味屋の黒豆大福

最後は一味屋さんの手作り「黒豆大福」です。

黒豆があるだけで、旅の途中のエネルギー補給に合いそうですね。

一味屋の黒豆大福の中身を撮影した写真
一味屋の黒豆大福の中身

中身は「こしあん」です。

こしあんであれば口の中で黒豆と喧嘩する心配もなさそうです。

それでは食べていきます。

とにかくお餅の塩加減が絶妙ですね。

黒豆はしっとりした食感をしていて、お餅のモチモチした食感と馴染み合います。

あんこは程よく甘いですが、お餅の塩気が勝ります。

黒豆大福はガッツリ栄養補給をしたい祖父母におすすめです。

普段から食欲があり、間食もしっかりする祖父母にはピッタリの和菓子です。

旅の途中に出てきたら大喜び間違いなしです。

黒豆大福の特徴は以下の通りです↓

値段(税込)152円
重量78g
特徴お餅の塩加減が絶妙
食感モチモチしている
甘さ★★★☆☆
おすすめしたい祖父母ガッツリ栄養補給をしたい祖父母

まとめ

ボリューム満点の紹介になったので内容をまとめます。

祖父母にプレゼントしたい和菓子17選が購入できる歴史ある和菓子屋4店舗

菓子処 菓子長 西友水口店
菓子処菓子長西友水口店を撮影した写真
菓子処菓子長西友水口店
御菓子司 大彌 市役所前店
御菓子司大彌市役所前店の外観を撮影した写真
御菓子司大彌市役所前店の外観
御菓子司 長田屋
御菓子司長田屋の外観を撮影した写真
御菓子司長田屋の外観
菓匠 一味屋
菓匠一味屋の外観を撮影した写真
菓匠一味屋の外観

おせんべいを中心とした和菓子

銀座餅(菓子長)
菓子長の銀座餅を撮影した写真
菓子長の銀座餅
氷面鏡(大彌)
大彌の氷面鏡を撮影した写真
大彌の氷面鏡
うらら/ごま味(長田屋)
長田屋のうらら(ごま味)を撮影した写真
長田屋のうらら(ごま味)
歌づくし(一味屋)
袋に入った一味屋の歌づくしを撮影した写真
袋に入った一味屋の歌づくし

甘さ控えめの和菓子

甲賀流最中(菓子長)
甲賀流最中を撮影した写真
甲賀流最中
くず笹(大彌)
くず笹の中身を撮影した写真
くず笹の中身
小倉カステラ(長田屋)
長田屋の小倉カステラを撮影した写真
長田屋の小倉カステラ
梅どら(一味屋)
梅どらの中身を撮影した写真
梅どらの中身

甘い和菓子

甲賀山(菓子長)
甲賀山の中身を撮影した写真
甲賀山の中身
どんどひぶ(大彌)
大彌のどんどひぶを撮影した写真
大彌のどんどひぶ
わたぼうし(長田屋)
わたぼうしの中身を撮影した写真
わたぼうしの中身
甘夏大福(一味屋)
甘夏大福の中身を撮影した写真
甘夏大福の中身

旅の途中に食べたい和菓子

赤飯まんじゅう(菓子長)
赤飯まんじゅうの中身を撮影した写真
赤飯まんじゅうの中身
上鮎(のぼりあゆ)(大彌)
大彌の上鮎を撮影した写真
大彌の上鮎
水口まんじゅうと生菓子(長田屋)
長田屋の水口まんじゅうと生菓子を撮影した写真
長田屋の水口まんじゅうと生菓子
黒豆大福(一味屋)
一味屋の黒豆大福の中身を撮影した写真
一味屋の黒豆大福の中身

今回の調査で分かったことは、17種類の和菓子があれば17種類の良さがあるということです。

祖父母と言っても好みは大きく分かれます。

ですから祖父母の特徴をしっかり把握した上で、和菓子をプレゼントしてあげましょう。

普段からお世話になっている祖父母に感謝の気持ちを伝えるなら、水口町の和菓子が最適です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。