鍵山優真の父で名コーチの正和は波瀾万丈すぎる人生が凄い!病気(脳出血)や離婚を経験したのに…

鍵山優真の父で名コーチの鍵山正和を紹介!

鍵山正和さんの車椅子生活の様子
鍵山正和さんの車椅子生活の様子

北京2022オリンピックの大活躍で世間を賑わせているのが鍵山優真選手です。

鍵山優真選手を支えているのが名コーチでもあり父親の鍵山正和さんです。

今回の躍進の一つに父親の鍵山正和さんの存在は欠かせません。

鍵山正和さんは元フィギュアスケートオリンピック選手という華やかな経歴を持っていますが、病気(脳出血)や離婚を乗り越えてきた過去があります。

この記事では、そんな鍵山正和さんの波瀾万丈な人生を紹介します。

まずは二人のプロフィールから紹介します。

鍵山優真のプロフィール
  • 名前
    • 鍵山 優真(かぎやま ゆうま)
  • 生年月日
    • 2003年5月5日
  • 出生地
    • 神奈川県横浜市
  • 出身地
    • 富山県富山市
      長野県軽井沢町
  • 居住地
    • 神奈川県横浜市
  • 身長
    • 160cm
  • 体重
    • 51kg
  • 血液型
    • O型
  • 趣味
    • ゲーム
    • YouTube鑑賞
    • 音楽鑑賞
  • 学歴
鍵山正和
  • 名前
    • 鍵山 正和(かぎやま まさかず)
  • 生年月日
    • 1971年4月12日
  • 出身地
    • 愛知県名古屋市
  • 居住地
    • 神奈川県横浜市
  • 身長
    • 160cm
  • 体重
    • 調査中
  • 血液型
    • 調査中
  • 趣味
    • 息子(優真)の指導
      ※推測
  • 学歴
  • その他
    • 元フィギュアスケート
      オリンピック選手

鍵山正和の病気(脳出血)の3つの後遺症

3つの後遺症の内容
3つの後遺症

鍵山正和さんの脳出血の3つの後遺症は以下の通りです。

  • 後遺症①
    • 顔面麻痺
  • 後遺症②
    • 左手麻痺
  • 後遺症③
    • 左足麻痺

脳出血とは「脳の血管が破れて出血している状態」です。

正和さんは2018年6月の46脳出血の後遺症から左半身麻痺になられました。

優真選手が中学3年生の時です。

優真選手が父の正和さんが脳出血で倒れたのを知ったのはジュニアグランプリシリーズ派遣選考会で演技が終わった後で、本人も驚きを隠せなかったそうです。

鍵山優真

あまり状況が理解できなくて。気づいたらお父さんが病院にいた。

優真選手にとってお父さんはコーチでもありかけがえのない存在です。

優真選手はお父さんがコーチという恵まれた環境にいたため、練習に力が入らない日もあったそうです。

鍵山正和

教えてもらえるのが当たり前になっているんじゃないか。

時間を大切にしていない。

そこで正和さんは帰宅した駐車場での車中で優真選手を2時間ほど説教しました。

そしてそのような状況下で正和さんの脳出血が起きました。

普通なら中学生で状況を飲み込むのは難しいかもしれません。

まして、父親の正和さんから頼りすぎを指摘される程の甘えん坊です。

しかし、このような逆境を優真選手は力に変えてみせました。

正和さんが脳出血で倒れたあと、振付師の佐藤操さんと練習する日々が始まりました。

父親の助言を思い出しながらジャンプし、コースもタイミングも自分で考えたそうです。

練習の風景を動画で撮影し、病床の父にLINEで送っていました。

優馬選手は当時は以下のように振り返っています。

鍵山優真

嫌でも自分一人でなんとかしなきゃいけなかった。

良い報告をしたいとずっと思っていたので、お父さんがいなくても頑張れた。

この状況下を言い訳をせずに、ただひたすら努力を積む優真選手は、元オリンピック選手の父親のDNAが受け継がれているのでしょう。

正和さんも優真選手の成長には目を細めています。

鍵山正和

全てに成長がうかがえる…

正和さんも病床では心配だったと思いますが、息子の成長した姿に感動したことでしょう。

これらのエピソードからは優真選手と父の正和さんの深い絆が感じられますよね。

脳出血で倒れても病床からLINEで指導する親心、そして半年後に息子の成長に感動する姿、まさに理想の父親の姿そのものです。

脳出血の後遺症①「顔面麻痺」

後遺症①「顔面麻痺」
後遺症①「顔面麻痺」

脳出血の後遺症の1つが「顔面麻痺」です。

顔面麻痺には以下のような症状があります。

  • 目が片目だけとじれない
  • 目の周りが痙攣(けいれん)する
  • 口が動きにくい
  • 顔や耳や首が痛い(場合によっては激痛)
  • 肩がこる

顔面麻痺を経験している人は身近にいないので、簡単には想像できませんが、上記の症状を見る限り相当厳しい印象があります。

しかし、正和さんのインタビュー動画からはそれほど顔面麻痺の影響を感じられません。

左側の頬が硬直していることはわかりますが、顔面麻痺と言われないと気付かないレベルです。

不幸中の幸いではありますが、顔面麻痺の影響は最小限で済んだのでしょう。

それ以上に息子の優真選手の話をする姿は本当に楽しそうですね。

愛情が隠しきれない表情がたまりませんね(笑)

脳出血の後遺症②「左手の麻痺」

後遺症②「左手の麻痺」
後遺症②「左手の麻痺」

2つ目の脳出血の後遺症は「左手の麻痺」です。

脳出血の代表的な後遺症に「運動麻痺」があります。

運動麻痺は以下のような症状です。

運動麻痺とは、脳や脊髄、末梢神経が障害されることで随意的に手足などが動かしにくくなる状態です。脳卒中などが原因で半身が動かせなくなることを片麻痺、頚部の脊髄などの障害で頭部以外の両手足を含む身体全体の筋力が低下することを四肢麻痺、胸部や腰部の脊髄障害による両足の麻痺を対麻痺と呼びます。また、末梢神経が障害されると、その神経が支配している筋肉が動かしにくくなるので、手足が部分的に使いにくくなります。運動麻痺には、感覚の麻痺や筋肉の緊張亢進(筋肉のつっぱり)などがしばしば合併し、動かしにくさを助長しています。

関西医科大学附属病院HPより引用

シンプルに例えるなら手足が動きにくくなる症状です。

左手の症状は以下の写真から伺えます。

「グー」の状態の左手の写真
「グー」の状態の左手

左手はジャンケンの「グー」の状態で握っている状態であることがわかります。

運動麻痺の一つに「痙縮」があります。

痙縮は手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態のことで、手指が握ったままとなり開きにくい症状が特徴的です。

まさに正和さんの左手は握った状態になっています。

こちらの写真も握った状態です。

握った状態の左手の写真
握った状態の左手

左手は不自由でも、正和さんにとって息子の頑張る姿が生きがいなのかもしれません。

優真選手を労う正和さんの写真
優真選手を労う正和さん

動かせる右手で優真選手を労おうとしています。

本当に息子思いであることが至る所から感じられます。

優真選手には自分のためにはもちろんですが、お父さんのためにも最高の結果で応えてほしいですね。

脳出血の後遺症③「左足の麻痺」

後遺症③「左足麻痺」
後遺症③「左足麻痺」

3つ目の脳出血の後遺症は「左足の麻痺」です。

こちらも先ほどの左手の麻痺と同じで、運動麻痺からくる症状です。

左足には装具を付けていることが分かります。

しかし完全に歩けないということではなくて、リンク周りなどは杖を使って歩行しています。

杖を使う正和さんの写真
杖を使う正和さん

長距離移動は車椅子移動ですが、短距離移動であれば杖で移動できるのでリハビリの成果が出ているのでしょう。

リハビリでの完治はほぼ不可能に近いようですが、杖を使っての移動は維持できるので今後もリハビリに励んでもらいたいですね。

鍵山正和は妻と離婚している

現在は離婚している鍵山正和さん
現在は離婚している鍵山正和さん

鍵山正和さんは息子の優真選手と二人三脚でスケートに取り組んできました。

しかしスケートの試合会場に妻の姿はありません。

それはすでに離婚しているからです。

正和さんには離婚歴があり、シングルファザーとして鍵山選手を育てたという。

女性自身より引用

離婚履歴があることは紹介されていますが、離婚理由については述べられていないので正確には分かりません。

そこで正和さんの元妻の気持ちになって離婚理由を推理してみました。

女性の離婚原因ランキングは以下の通りです。

女性の離婚原因ランキング
女性の離婚原因ランキング

正和さんと優真選手の関係を見る限り、正和さんは非常に誠実な人であることが伺えます。

正和さんに一方的な離婚の原因があるなら、優真選手の親権は譲ってもらえなかったでしょう。

これらを踏まえると以下の選択肢は無くなりそうです。

  • 2位
    • 生活費を渡さない
  • 3位
    • 精神的に虐待する
  • 4位
    • 暴力を振るう
  • 5位
    • 異性関係
  • 6位
    • 浪費する
  • 10位
    • 酒を飲み過ぎる

残った選択肢は以下の4つになります。

  • 1位
    • 性格が合わない
  • 7位
    • 家庭を捨てて省みない
  • 8位
    • 性的不調和
  • 9位
    • 家族親族と折り合いが悪い

ここからはスポーツ選手の妻の心理を考えていきます。

スポーツ選手はどうしても競技に集中する必要がありますし、試合会場への移動で家にいる時間も限られます。

特にフィギアスケートは海外での試合も多いので、7位の「家庭を捨てて省みない」は可能性としては十分に当てはまります。

正和さん本人に家庭を捨てた意識がなくても、奥さん側がそのように受け取っていてもおかしくは無いでしょう。

さらに1位の性格が合わない」も十分に考えられる原因の一つです。

正和さんは脳出血した病床でも息子をLINEで指導するほどの熱血漢です。

見た目はクールですが、中身は非常に熱い漢であることが分かります。

これらのことから、奥さんがこの熱い性格にマッチしなかった可能性は十分あるでしょう。

悩む様子の女性の写真
悩む様子の女性

それでは残り2つの「性的不調和」「家族親族と折り合いが悪い」はどうでしょう。

8位の「性的不調和」は可能性が低いと見ています。

正和さんは元奥さんとの間に3人の子どもを授かったという噂があります。

優真さん、優真さんの姉、優真さんの弟の3人です。

正確な情報ではありませんが、仮に3人の子どもがいるとするならば性的不調和」の可能性は低くなるので除外しましょう。

残る9位の「家族親族と折り合いが悪い」に関しては情報が乏しいので判断するのが難しいですが、ランキング9位であることを考えると1位、7位に比べて可能性は低くなるので、「家族親族と折り合いが悪い」も除外しましょう。

残ったのは以下の2つです。

  • 1位
    • 性格が合わない
  • 7位
    • 家庭を捨てて省みない

推測ではありますが離婚理由は上記2つの可能性が高そうです。

いずれにせよ、ネガティブな噂は無いので円満離婚の可能性も高そうです。

鍵山正和は元フィギアスケートオリンピック選手で名コーチ

名コーチでもある鍵山正和さんの写真
名コーチでもある鍵山正和さん

正和さんは元フィギュアスケートオリンピック選手です。

優真選手のコーチをしているも納得ですね。

正和さんの現役時代の主な実績は以下の通りです。

大会/年1987-
88
1988-
89
1989-
90
1990-
91
1991-
92
1992-
93
1993-
94
オリンピック1312
世界選手権101986
全日本選手権21112
NHK杯811464
ユニバーシアード3
世界Jr.選手権103
全日本Jr.選手権11

2度のオリンピックに出場しただけでなく、全日本選手権では3連覇を果たしています。

フィギアスケートの一時代を気づいた超実力者です。

鍵山正和さんの現役時代の写真
鍵山正和さんの現役時代

うっすら面影はありますが、正和さんだと言われないと気付かないかもしれません。

昭和のイケメンといった感じですね。

爽やかな鍵山正和さんの写真
爽やかな鍵山正和さん

この写真は黒髪短髪で爽やかイケメンそのものです。

写真だけ見ればイケメンぶりに目がいきますが、当時の経験から優真選手に対する指導は名コーチそのものです。

何と言っても考え方が一流そのものです。

先ほど紹介した関ジャニ∞村上さんとのインタビューでそれを物語っています。

村上信五

コーチから見てこういうスケーターになってほしいなというイメージ像はお有りなんでしょうか?

鍵山正和

最終的には極めて欲しいですね。

曲が流れてジャンプが無くても、みんなを引き寄せられる、ジャンプだけ見てても美しい技術を見せられる、色んなことに関して極めたスケーターになってほしというのが願いです。

得点に加算される以外のところでも美しさを追求しているところが本物を感じさせます。

加点がないところでも本物を極めたスケーターといえば2006年のトリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香選手が思い出されます。

荒川選手は「イナバウアー」という上体を後ろに反らす美しい動きで世界中のファンを魅了しました。

イナバウアーに加点はありませんでしたが、それでも金メダルを獲得。

まさに美しさと結果を両立させた「色んなことに関して極めたスケーター」のお手本でしょう。

優真選手も「本物のコーチ」の正和さんに指導された成果が如実に現れています。

2020-21シーズンの世界選手権では日本のフィギアスケート界のエース、羽生結弦選手よりも上位で銀メダルを獲得しました。

銀メダルを手にする鍵山優真選手の写真
銀メダルを手にする鍵山優真選手

当時、まだ17歳であったことを考えると今後が楽しみで仕方ありません。

これからも本物のコーチ正和さんと二人三脚で素晴らしい成果を収めて欲しいですね。

まとめ

鍵山優真選手の父でコーチの正和さんの特徴は以下の通りです。

なかなか起伏の激しい波瀾万丈な人生を送られていますが、現在は息子の優真選手の名コーチとして活躍中です。

優真選手との絆も固そうです。

北京オリンピックで優真選手は銀メダルを獲得し、二人揃って満面の笑みです。

これからもお二人の活躍に期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。